ブックメーカーとは

はじめに

日本最大のブックメーカーの情報ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトをご覧になっている方の大半はブックメーカーを知っている、

もしくは既に投資やギャンブルとしてブックを楽しんでいることかと思います。

ブックメーカーって何?ブックマークのこと???

ブックメーカーって投資?それともギャンブル?

どうやって始めるの?こんなことして大丈夫かな??

そんな疑問にお答えしていこうと思います。

当ブログ記事のカテゴリについて

このサイトのブログ記事ではブックメーカーに関する有益な情報を展開しています。

このサイトのブログ記事は大きく分けて4つのカテゴリに分類されており、下記リンクからあらゆる記事へジャンプすることができます。

カテゴリ一覧はこちら!

※ゴールデンコンパスって何???

はじめに、ブックメーカーとは何なのか???

ブックメーカーとは博打(賭け)の胴元であり、現在ヨーロッパで最も主流になっているギャンブルです。

1790年代にイギリスの競馬場で発祥し、1960年にはイギリス政府公認となりました。

現在は欧州各地にブックメーカー会社が設立され、市場規模はイギリスだけで5000億円、

ユーザー数は欧州だけでも100万人以上といわれています。

ブックメーカーは通称BMやブッキー(bookie)と呼ばれたりもします。

最近はアジアでもブックメーカーを商品として扱う会社が増えてきていて、フィリピンなどにもブックメーカーの会社があります。

ヨーロッパではブックメーカーの運営会社によるカフェ形式のような実店舗も存在しています。

ブックメーカーに賭ける人のことをベッターと呼ばれます。(そのままの意味ですね。)

ここで試合を見たり、賭けて配当金を受け取ったりすることができるようになっています。

しかし、近年はインターネットの普及により、売り上げの半数以上がオンラインベッティング(インターネットサイトでの賭け)になっています。

またその影響により欧州圏外の顧客も増加傾向にあり、今では数十兆円の市場規模になりました。

ブックメーカーを投資として、側やギャンブルとして、自分のライフスタイルに合わせて好きな時間に好きなコトに対して楽しむことができます。

どんなものに賭けられるの?

ブックメーカーではスポーツ、政治、天気、世界情勢の行方などについて賭けることができます。

スポーツはほぼすべてのメジャースポーツ(野球、サッカー、テニス、ラグビー、アメフト、バスケ、フットサル、バドミントンなど)のほかにも、TVゲームを競技にしたEスポーツにも賭けることができます。

政治は身近なものだとトランプ VS ヒラリーが例に挙がります。

事前オッズではヒラリー氏1.16倍に対しトランプ氏は5倍強と圧倒的劣勢を強いられていたにも関わらず、終わってみればトランプ氏が勝利し、大統領になったのはあまりにも有名な話ですね。
その他、天気や世界情勢、普通のオンラインカジノ等もプレイすることができ、賭けの種類はまさに多岐にわたります。

ブックメーカーにはどんな賭け方があるの?投資になるの?

賭けの種類はとても豊富です。

例えばサッカーの試合であれば、どちらかの勝敗を予想するML(マネーライン)という買い目のほかにも、どちらが先にゴールを決めるか、どちらもゴールを決めるのか、どっちのコーナーキックの数が多いのかなど、様々な項目にお金を賭けることができます!

また表面的にはギャンブルであることには変わりありませんが特定の賭け方を続けていくことで投資として運用していくこともできます。

欧州にはたくさんのトレーダーがいて、ブックメーカー運用だけで生計を立てている人も少なくありません。

ブックメーカー投資で出たの利益の入出金方法は?実際にお金を引き出せるの?

かつてはネッテラーというEウォレットを使用することでお金を銀行から引き出しすることができましたが、現在はエコぺイズというEウォレットが発行してくれるマスターカードを使い、ATMからお金を引き出すことができます。

またエントロペイというバーチャルクレジットカード会社を介し、お金をブックメーカーに入金し、出金時には銀行送金を行えます。

こちらはエコペイズカードを使って出金するよりも手数料は安いですが、出金には最長1週間ほどかかるので一長一短です。

いずれにせよお金を引き出して実際に使うことができるので副業には向いていると言えます。

日本でブックメーカーをやることは法律的に大丈夫なの?

結論から言うと、グレーゾーンといった感じです。

「刑法上は、犯罪を構成する事実の一部が日本で行われれば刑法が適用されます。したがって、日本から賭博に参加している以上、賭博罪(刑法185条)が適用される可能性があります。しかし、実は難しい論点があります」「賭博罪は、犯罪の性質上、必ず複数の人間が関わる『必要的共犯』とされ、胴元と参加者という向かいあう関係の者たちが共犯となることから『対向犯』と呼ばれています。ところが、胴元であるブックメーカーは合法なので処罰できません。対向犯の一方である胴元を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです」

(出典:弁護士ドットコム

まだ判決はないが、罰せられる危険もあるということですね。

しかし、そもそも日本はギャンブルを禁止しているのにパチンコや公営ギャンブルが幅を利かせていたり、何兆円も動かす産業として成り立っていますよね。

他人の資金を運用する詐欺を行ったり、賭博罪に関わる行為にブックメーカーを使わなければ当面は大丈夫だと考えています。

オススメのブックメーカーランキングTOP3

ブックメーカーを始める際に、どのブックメーカーサイトが安全で賭けやすいのかわからないと思います。

ブックメーカー会社は千差万別で、どこの会社もそれぞれのスタイルを売りにしています。

ある会社はオッズの高さを売りにしていたり、ある会社は賭け方の種類の多さを売りにしていたりします。

悪徳なブッキーもあるので要注意です。

それぞれ向き不向きがあるので、その代表的な会社を3つあげて、特徴を書いていきます。

ブックメーカーによって勝敗の扱いが異なります。

今回そのあたりには触れませんが、ご自身で調べてみてくださいね。

では、発表します!!

1.BET365

ブックメーカー_bet365
オッズの高さは平均的ですが特筆すべきはライブストリーミング(ライブ映像)の豊富さです。

試合を見ながらライブベッティングする場合はこの会社は外せません。

管理人(ヨモギウス)もこのサイトを使って運用を行っています。

登録して少額入金するだけで様々なスポーツのライブ配信を24時間楽しむことができます。

投資やギャンブルするまでじゃないけど、スポーツを見るのが好きだからって方にも非常にオススメです。

デメリットとしてはオッズがそこまで高くないので事前ベット向きではないことと、日本語に対応していないことです。

英語がわからなくても、使い方はすぐに慣れますし直感的なUIなので馴染みやすいと思います。

ファイナンスのカテゴリもあって、為替の投資で楽しむこともできます。

2.ピナクルスポーツ

ブックメーカー_ピナクルスポーツ
最大の魅力はオッズの高さと強制退会の心配がないことです。

他のブックメーカー会社は勝ちすぎるとオッズを低くしたり、ベット規制をする場合がありますがピナクルはその心配はありません。

ただ、ライブベットは閉じていることも多く、賭けるタイミングを失いがちです。

事前ベット向きのブックメーカーです。日本語にも対応しています。

bet365と併せて登録しておくと良いでしょう。

アービトラージという賭けに対して規制をしていないところも大きいです。

3.ウィリアムヒル

ブックメーカー_ウィリアムヒル
いわばbet365とピナクルスポーツの中間地点にいるようなブックメーカーです。

日本語対応、オッズは平均的。ライブは日本国内からは見れる試合が少ないです。

ただインターフェースの見易さと賭けの種類の多さは初心者向きです。

まずはウィリアムヒルから始める人も少なくありません。

ブックメーカーでよく使われる用語

ブックメーカーが初めての方には聞き慣れない用語がいくつかあると思います。

すぐに理解できるので、覚えちゃいましょう。

〜オッズ〜

ブックメーカーにおける「オッズ」(odds)とは、「賭けに対するリターンの倍率」という意味で使われます。

数字が低い程リターン(賭けに対して戻ってくる額)も低いですが、確率的に勝率が高いことを指しています。

例えば、テニスだと選手A vs 選手Bの試合があるとしましょう。

このとき、選手Aには「2.5」選手Bには「1.1」という数字で表されます。

数字が低い程勝率も高いので、ブックメーカーは選手Bの方が強いと想定していることがわかりますね。

オッズの表記方法には主に三種類あり、ブックメーカーのサイトで好みの設定にすることができます。

日本人に一番なじみのあるのは(1)デシマルオッズです。何も考えずとも直感で理解できるでしょう。

オッズ1.1に1,000円賭けたらリターンが1,100円となります。つまり、単純にオッズと投資額を賭けた額です。

(1)デシマルオッズ(Decimal Odds)

(2)フラクショナルオッズ(Fractional Odds)

(3)アメリカンオッズ(American Odds)

詳しく知りたければGoogle先生に聞いてみるのが早いです^^

〜事前オッズ〜

試合前の選手Aと選手BのオッズがA「2.5」、B「1.1」と表示されているとします。

まさにこれが事前オッズです。オッズは固定ではなく、試合中に絶え間なく動きます。

選手Bが怪我をして、選手Aの調子が良い状態で試合が進んだ場合、事前オッズが低い選手Bのオッズが「1.1→1.5→1.8」と徐々に上昇していきます。(オッズが高くなるほど勝てる見込みが低くなることを示しています。)

逆に選手Aは「2.5→2.0→1.5」と徐々に下がっていきます。選手Aの勝利の期待値が上がっているためです。

このように試合中にオッズは変動していくので、賭けるタイミングや投資タイミングが重要になります。

※補足

事前オッズが低い側(勝利の期待値が高い)をフェイバリッド(Favorite)、

事前オッズが高い側(勝利の期待値が低い)をアンダードッグ、またはアンダー(Underdog)と呼びます。

〜キャッシュアウト(CO)〜

ブックメーカーによってはベットを途中で降りることができ、返金してもらうことをキャッシュアウトと呼びます。

当サイトがしようしているbet365ではこの呼び方ですが、ブックメーカーによって別な呼び方をする場合や、キャッシュアウトの概念自体がないブックメーカーもあります。

この機能があるなら負けないよね?と思うかもしれませんが、全額返金されるわけではありません。

例えばオッズが2.5のタイミングに10,000円ベットしたとします。

この時点でのキャッシュアウト額は8,600円くらいだとしましょう。(通常賭けた時点ではマイナススタートです。)

オッズが2.5→2.2→1.9と下がるとします。オッズの下降とともにキャッシュ額も8,600→9,200→10,500円のように上がっていきます。

オッズが上昇した場合はその逆の動きをします。

テニスの年間スケジュール

テニスのツアーは一年間を通して行われています。

こちらのリンクから年間のスケジュールを確認できますので、ベッティングのお供にご活用ください。

【スケジュールはこちら!!】

12月は大会が開催されていませんが、それ以外は常に資金を増やすための土台が準備されています。