ブックメーカー用語データーベース

ブックメーカー用語データベース

ブックメーカーを始めたばかりの方や、英語に不慣れな方はやはりこのブックメーカー用語に躓くことが多いかと思われます。
僕自身も以前はその一人で難しいブックメーカー用語を翻訳して調べたりしていました。その煩わしさを無くすために、ここではA~Zの用語を全てまとめ上げ、索引&解説付きで載せています。もし足りない単語があればこちらより報告してくださると幸いです。

A ~ D

Arbitrage:アービトラージ。異なる複数のブックメーカーによるオッズの違いを利用して利益を出すこと。基本的には異なる賭けを2つ以上に差額を使って行う利益が保証された手法。日本でも一時期流行った。現在はBet365を始めとしたほとんどのブックメーカーがアービトラージを禁止しており、発見された場合はアカウント凍結の恐れがある。

Accumulator:最初のbetで得た利益を次のbetで再投資する賭け方のこと。最低二回以上勝たないと利益にはならないが勝ちを重ねるごとにリターンも大きくなる。賭け式の例として賭けたオッズがそれぞれ1.5倍、2倍、2倍だとすると賭けた額×1.5×2×2倍がリターンになる。リターンは大きくなるがその分、一回でも負けるとゼロになってしまうというデメリットもある。

Asian Handicap:アジアンハンディキャップ。通称アジハン。賭け式の一つで主にサッカーベッティングをする際に使われる。勝ち・分け・負けの1×2方式とは異なり、ハンデ(ハンディキャップ)を付けることによって勝ちと負けの二択で勝負できる賭け方。大手のブックメーカーでは0.25刻みのハンデが賭け式として用意されている場合が多く、+0.25で引き分けた場合、掛け金の半分が儲けとしてリターンされる。-0.25で引き分けた場合、掛け金の半分を没収される。+0.5で引き分ければ、全額が儲け、-0.5で引き分ければ全額が没収となる。

Available balance:投資可能な残高のこと。depositを行うと残高を補充することができる。利益もここに蓄積される。

American (odds):オッズ表記の一つ、decimal表示と異なり、-200や+300と表記される。

BM:ブックメーカーの略

Bet:ベット。賭けのこと。トレード、ポジションともいう。

Bettor:ベッター。ブックメーカープレーヤーのこと

Bookmaker:ブックメーカー、賭けを主催する胴元・会社のこと。英国には数百のブックメーカー会社が存在する。

Cancel bet:賭けた試合の不具合によって賭け自体が中止されること。主に選手のけがによる棄権や天候によるサスペンド(中断・延期)などがある。大抵のブックメーカーでは返金が行われるが一部のブックメーカーではそこまでの成績によって勝ちか負けが決まる場合もある。別名Voidと表記されるブックメーカーもある。

Cash Out:賭けを途中で中断して返金すること。この際の返金額は試合状況に依存し、負け寸前であればほとんど返ってこない。
その逆もまたしかり、勝ちがほぼ確定している状況でのキャッシュアウトは満額近い利益が得られる。日本語では損切ともいう。使えるブックメーカーは限られていてウィリアムヒルやbet365等、数少ないブックメーカーが採用しているシステム。Coとも呼ぶ。

Correct score:勝ちや負けではなく、何対何というスコア(サッカーであれば2-0や1-0)というスコア自体を予想する賭け方。

Double Chance:ダブルチャンス、通称DC。勝・分・負の三択からなるA×Bを、A×(Aの勝ちと引き分け)、×B(Bの勝ちと引き分け)、AB(AかBどちらかが勝ち)の3つに分けられ、2/3の確率で勝利できる。主にサッカーで使われる賭け方。

Decimal oods:一番日本人に馴染み深いオッズ表記、1.5倍や2倍という表示である。decimalとは少数点表示という意味。

Deposit:入金のこと。入金するとbalanceに蓄積される。

Deposit methods:入金手段のこと。日本ではネッテラーショック以降、エントロペイを介して入金するのが一般的となった。その他銀行送金や小切手での入金もある。

Draw no bet:通称DNB。引き分けで返金。負けで賭け金が没収される賭け式の一種。勝てば利益となる。

E ~ H

Entropay:2017年現在、日本のブックメーカー市場において最もベターな入出金手段。E-wallet。バーチャルVISAカードを発行し、そこにクレカから入金する。出金には銀行送金しかできない。しかしエントロペイのカード残高をエコぺイズに移すことでATM出金も可能となる。

Ecopays:ネッテラーショック以降、突如台頭してきたE-wallet。ネッテラーカードと同様、マスターカードを発行しATM出金することができる。
主な使用方法はエントロペイの残高をエコぺイズに移しATM出金を行う。エコぺイズ自体を入金手段としているブックメーカーも存在するのでエントロペイを介さなくても使用できる場合がある。手数料が割高なため、高額の出金であれば銀行出金がおすすめ。

Fractional:オッズ表記の一つ、主にイギリス国内の表記に使われる。オッズを分数で表し、2/1や4/1等で表記する。

Favorite:例えばテニスなどでオッズが低いほうの選手のことを指す。例えばラファエルナダルと錦織圭が試合した場合、ナダルの勝利に1.5倍、錦織の勝利に2.5倍ついていればナダルがフェイバリットということになる。

Fixed Odds:賭けた時点でのオッズのこと。日本の競馬のように出走直前までオッズが変動するものとは異なり、ブックメーカーでは賭けた時点でのオッズが適応される。

Fixed Game:組織で選手を囲い試合結果を操作すること。通称八百長。テニスの下部大会では既に何件も表沙汰になっており、業界全体で問題視されている行為。

Handicap:基本的にはアジアンハンディキャップと同義

History:賭けた試合を参照できる明細のこと。エビデンスともいう。出金時にこれを運営が確認して怪しい賭け方がないかを確認しているらしい。

I ~ L

In-play:今現在ライブで行われている試合のこと。bet365のIn-playの試合には映像がついている場合もあり観戦しながら賭けを楽しむことができる。

Identification:身分証明のこと、入金時には要求されることは少ないが出金時には必ず要求される。

Long odds:超高オッズのこと。プレミアリーグのレスター優勝には5001倍がついていたためLong oddsと呼ばれていた。

M ~ P

Money Line:勝敗を選ぶ賭け式。サッカーであれば引き分けも含めた三択となる。通称ML。

Max bet:maximum betともいう。その試合において賭けられる最大の金額。稀にMax bet以上の金額に賭けられる場合もあるが、繰り返していると警告される恐れがある。尚、一部のブックメーカーでは勝ちすぎるとMax bet規制なるものを掛けられてアカウント再開設を迫られることになる。

Multi-bet:複数の試合を一つの賭け式として選び一回のbet金額で取引を行うこと。全て勝たなければ賭け金は没収される。

Neteller:かつて日本で最強かつ最大の規模を誇ったE-walletであり着金まで約一日、入金は即時、ATMから毎日15万円まで出金できるという圧倒的利便性を誇っていたサービス。2016年8月、突如として使用できなくなり、日本におけるネッテラー時代は一気に終焉を迎えた。一説によるとゆうちょ銀行と提携していたため、政府がマネーロンダリング防止のために潰したといわれている。真相は不明。

Payment-Method:入金・出金手段のこと。Bet365などのブックメーカーサイトに表示されている。日本での主な入出金方法はエントロペイ・エコぺイズである。

Parlay:パーレイベッティング。アキュムレーターと同義、二つ以上のbetを行いそのすべてで勝たなければ利益にはならない。

Picks:賭けの選択のこと。

Q ~ T

Qual:qualifyの略称。テニスであれば予選の際に大会名の後ろについていることが多い。(例)『ATP Tokyo qual』でATP東京の予選ということになる。サッカーの場合はプレーオフやトーナメント進出を掛けた試合などでQualifyとそのまま表示されることが多い。

Race to:主にサッカーなどで先に決められた数字に到達するチームを選ぶ賭け式。コーナーキックやイエローカードなどが対象となる。ラグビーや野球などでもこの賭け式が存在する。

Refund:サスペンドや棄権などで賭けが不成立の際に返金されること。Voidと同じ意味。

Stake:賭け金額のこと。bet額

Suspend:ケガや、天候による一時的な中断。この際オッズが閉じられて賭けられなくなる場合も存在する。日をまたぐ場合は返金される可能性もあるが一概には言えない。

Settled:確定したBetのこと、確定していない賭けの場合はUnsettledと呼ぶ。

To-Run:まだ試合中、もしくは賭けが終了していない状態。bet365であればhistoryから見ることができる。

U ~ Z

Withdraw:出金のこと。E-walletへの送金であれば通常1~2日で着金する。

Under Dog:フェイバリットの逆。ブックメーカー側が定めたオッズの低いほうを指す。例えばラファエルナダルと錦織圭が試合した場合、ナダルの勝利に1.5倍、錦織の勝利に2.5倍ついていれば錦織がアンダードックということになる。

Unsettled:まだ確定していない賭け。試合終了後でも集計に時間がかかり、一時間ほどUnsettledになることもある。

Upcoming:これから始まる試合のこと。試合数時間前になるとブックメーカーのトップページに表示される。

Void Bet:サスペンドや中止によって返金された賭け金のこと。