皆さん、ブエノスディアス! ヨモギウスです。

今回はブックメーカーで何故3万円を100万円にすることができたのかというコラムの『初動』章末として今までの要点をまとめて解説していきたいと思います。

ブックメーカー投資で120万円達成動画はもう既に撮影済みなのですがもう少しお待ちください。

ヨモギウス ブックメーカーチャンネルはコチラ

まだ100万円達成動画(ヒストリー・デポジット公開)を視聴していない人は下記からどうぞ↓

ブックメーカー投資・100万円達成の瞬間

ブックメーカー 投資 『初動』

今回でブックメーカー投資・『初動』に関する記事は最後になりますが、今一度初動に関する要点を再確認しつつ振り返ることで、ブックメーカー投資の基礎を完璧に理解して頂きたいと思います。

今まで書いてきたことの要点+追加で何点か補足事項もございますのでしっかり読み込んでいってください。ここで躓いてしまうと、この後説明する手法やノウハウ、資金管理そしてメンタルが全て台無しになってしまい、3万円を100万円にするどころか3万円が全額損失にもなりかねません。

何度も言いますがまずはこの初動を極めることでブックメーカー投資における土台をしっかり構築することができるのです。

初期段階から使っていく手法を確定させる

初期の段階では何をしていいのかわからず、適当なものに賭けたり、丁半博打のような試合に大金を突っ込んだりする人が少なくありません。

使う手法を確立していないと、負けた後に精神的な乱れが生じる危険性があり、大抵の場合はそこで資金をパンクさせブックメーカーから退場することになります。

(メンタルメカニズム)
確固たる手法がない⇒賭ける項目がブレる⇒負ける⇒指標が無いので乱れる⇒退場

多くのプレーヤーがおそらくこのメカニズムでブックメーカーの市場から退場していることでしょう。
このルーティーンが続いている限り、永久にブックメーカーで利益を上げることはできないと断言できます。
この一連の流れから脱却するために必要なことはずばり手法を確立させることです。

一番簡単なのは僕の運営しているブックメーカーコミュニティ・ゴールデンコンパスに入会し、しっかりと手法を学びながら運用していくことですが、どこにも属さないで勉強したい!自分一人で勝ちたいと思っている人はまずノートやメモ帳に賭けた項目をメモっていくことをお勧めします。

詳しい内容はコチラの記事⇒絶対に勝てる手法の見つけ方

利大損小の概念 ~ 初期入金額で姿勢が決まる

ブックメーカー投資をしていくためには初めにお金をデポジットしなくてはいけません。
ヨモギウスに寄せられる質問の中に、『いくらから始めた方がいいですか?』という問い合わせが非常に多いのは、皆がこの問題で悩んでいるからでしょう。

これに対する結論はただ一つ。『少なければ少ないほどいい』という答えになります。
ブックメーカーの仕様上、額が大きくなればなるほどやれることが増え勝ちやすくなってくるので、初期の段階は一番苦労するのですが、だからこそ初期投資額は少ないほうがいいです。

3万円から始めて100万円にする過程で損する額は実質3万円ですが、もし30万円から始めて1000万円を目標にしている最中で資金を飛ばしてしまったら損失は30万円になります。。

初期投資額を低く抑えるだけでリスクを軽減できることがお分かりいただけたでしょうか。
まずは低い額から始めて10万円を達成することを目標にされてください。

詳しい内容はコチラの記事⇒初期のデポジット額=損失額

ブックメーカー投資 ノウハウ検索しない

ブックメーカー投資を始める段階で調べることはとても大切ですが、この業界はほぼ嘘しかありません。

調べればわかりますが商材やコミュニティを運営している人はほぼブックメーカーのプレーヤーではないと言っていいでしょう。無料のノウハウを集めることの無意味さを身を持って実感する前にまずは実践してください。

前述したとおり、自ら実践するか、やっている人から学ぶかしか利益を出す方法はないのです。

まずは勝つことを日常化する

ゴールデンコンパスメンバーにもよく言っていることですが、まず1ヵ月単位で勝てるようになりましょう。

1ヵ月というスパンは短いようで長いです。サッカー・テニスを主としながら毎日賭けていくなかで落とし穴は無数に存在するからです。

まずはこの1ヶ月というスパンで勝つことを目標に据えることで、賭け方の効率化や資金分散の仕方などが遺伝子レベルでわかってくるようになります。

逆にそれができないようでは1か月単位で利益を上げることは無理であるということです。
この1ヵ月単位で勝つことができるようになれば実績という確固たる自信がついてきます。

これはすなわち資金損失後にブレたメンタルを立て直すための重要な指標になってくれるんです。
負けた後ナーバスになりがちな思考も1ヵ月勝ってきたという確固たる手法があれば再度立て直すことができますからね。

長い目でみて利益だすためのブックメーカー投資であるならばまずは1ヵ月を基本的なスパンで考えるようにしてください。

詳しい内容はコチラの記事⇒ブックメーカー投資は1ヵ月単位で考える

まとめ 初動こそが基本にして基礎

ここまで3回(まとめを入れると4回)に分けてブックメーカー投資の基礎である『初動』について解説してきました。

少々ボリュームが多すぎたかもしれませんが、それだけこの部分が重要であるということをご理解いただけたかと思います。

この基礎が無いと永久に損失を重ねる循環から抜け出せないので迷ったときは必ず読み返すようにしてくださいね。

次回からは資金管理の本質について解説していく傍ら、手法についても言及していきますのでよろしくお願いいたします。

 

それでは今日はこの辺で。

ブックメーカー投資 完全攻略バイブル

↓興味がある方はLINEください↓
ヨモギウスにラインする

 

 

↓記事が役に立ったらブックメーカーブログランキングのクリックをお願いします↓

おすすめの記事