ブックメーカーが稼げる7つの理由!メリットだらけなのに始めない意味がわからない…!

ブックメーカーで勝つことができれば、パソコンかスマホ1台で家から出ずに、しかも簡単に稼ぐことができます。

そのおかげで、多くの方が値段を見ずに買い物する事ができますし、乗りたい車にも乗ることができるでしょう。

 

しかし現実はどうでしょうか。

稼ぐための準備はできているのに、少し負けが込んだけで、ブックメーカーで本当に稼げるのか疑心暗鬼になってしまい、勝てる試合でベットしなかったり、挙句の果てには、ムチャクチャなベットを繰り返したり…。

もしくは「はじめの一歩すら踏み出すことすらできていない」かもしれませんね。

 

……。

なんてもったいないんでしょう。

正しい理論でベットし続けることで必ず勝つことができるのに…。

 

そこで、総勢300人が在籍するブックメーカーコミュニティーを運営する僕が、ブックメーカーが稼げる7つの理由について解説していきます。

1.誰でもできる

他の副業と比較してみましょう。たとえば転売を行う場合。

そもそも古物商を取得していない場合は法律違反、またはグレーゾーンです。

 

次はアフィリエイトの場合。

近年Googleのアルゴリズムの進化により、権威性のある肩書き(サプリアドバイザー等)がなければ、価値の無いコンテンツとみなされ、どんなに頑張っても人の目につく順位に上昇する事はありません。

 

その点ブックメーカーは、どんな資格も、どんな肩書きも必要ありません。

誰でも簡単にスタート地点に立つことができるのです。

 

また、副業としてアルバイトをする場合は、体を酷使する労働をしなければお金を稼げません。
通常であれば、体を動かして労働をしなければお金は稼げませんよね?

その点ブックメーカーは、体の調子が悪い人や、子育てをしている方でもスキマ時間にパソコン・スマホのみで稼ぐことができます。

極端に言えば指さえ動けば稼ぐことができるんです。

 

どんな些細なアルバイトでも、人間関係の摩擦が発生するため、多かれ少なかれストレスを感じることもあるでしょう。
その点ブックメーカーはお家で1人だけで出来るので、人間関係において、完全ストレスフリーで稼ぐことができます。

 

2.時間単価が高い

副業の代表格であるアフィリエイトは、先行者よりも記事の順位を上位に表示しなければ売り上げが上がりません
その理由は、インターネットで商品を買いたいお客さんたちは、検索をして上位に表示されている記事を順番にクリックしていき、商品を購入するからです。

先行者よりも自分が書いた記事を上位に表示するためには、ライティングテクニックや、Googleの評価を得るサイト作りをマスターしなければなりません。

実際にお財布にお金が入ってくるまで、かなりの時間と労力を要します。それまで継続できる自信のほどは…いかがでしょうか。

 

転売に関しては売れる商品は、ほぼ決まっています。
売れる商品が決まっているということは、ライバルの急増もしょっちゅうあるんです。

大量に在庫を確保したところで、急激な価格競争が始まり、逆に赤字になる可能性も。

 

これらは全てライバルによって起こる損失です。
せっかく頑張って用意しても、掛けた時間・労力が実を結ばない可能性だって充分にあります。

アルバイトは働けば働いた分、時給が出ますよね?ですがそのお給料では豊かになることができないから、何かご自分で副業をはじめたいと思っているはずです。
それなのにアルバイトよりも時間単価が安かったら豊かになんてなれるでしょうか…。

その点ブックメーカーは、誰にも邪魔されず、完全に自分の実力勝負で利益を出すことが可能。

また、ベットして数分で利益が確定することも少なくなく、通勤時間もかからないので時間単価が非常に高いです。

 ポイント

ここで言う「実力」とは、データを基にした論理的なベットのことです。

 

3.リスクが非常に少ない

転売をするには、まず商品を入荷しなければなりません。
入荷した商品が順調に売れれば、利益が出るのですが、万が一売れ残ったりしてしまった場合は最悪。

お部屋がモノだらけになるだけでもイヤなのに、売れなければ全部ゴミになってしまいますよね…。

またアフィリエイトは、サーバーを借りたりドメインを取得したり、少なからず初期費用が発生します。
サーバーを借りたけれども、一向に売り上げが立たなければ赤字。
よく言えば先行投資ですが、売り上げがなければただの損失。これも大きなリスクですよね。

でも、ブックメーカーは何ひとつ仕入れることなく、面倒な準備もなく始めることができるのです。

少資金からスタートすることができ、すぐに結果が出るところがブックメーカーの良いところ。

例えば3万円からスタートする場合、どんなに失敗したとしても損失は3万円です。

日頃から副業や投資に興味のあるあなたにとって、たった3万円の損失ならばリスクにすらならないのではないでしょうか。

しかも一度に3万円失うことはありません。

何千円かでスタートし、何試合かベットしてみてもその日いい波に乗れなければ次の機会を狙えば良いのですから。

インターネット環境と端末があれば他に必要なものは何もありませんので、すでに他の副業をしている人も並行して始められるところもおすすめです。

 

4.現金化もスピーディ

本業か副業かに関係なく、どんな仕事をしていてもお給料や利益が実際に現金が手元に入ってくるまでは、少なからず不安があるのではないでしょうか。

 

例えばアマゾンで商品を販売する場合、入金サイクルは2週間に一度。

在庫を抱える転売にとって、入金サイクルの遅さはキャッシュフローが悪くなる原因です。

 

アフィリエイトも売上が上がってから、広告主に承認されるまで約2ヶ月かかることもしばしば。
キャッシュフローの良さも、稼ぐことにおいて非常に重要なことですので、そんなところに日々ストレスを抱えるのはナンセンスですよね。

その点ブックメーカーは、残高に出金をかければ2-3営業日で銀行の口座に入ってきます。

おすすめなのは初期投資額だけ出金し、利益はそのまま再投資する事です。

利益だけで運用することにより、完全なるノーリスクで雪だるま式に利益を膨らましていくことができますよ。

 補足と関連記事

ブックメーカーで得た利益を本当に引き出すことができるのか不安な方はコチラをご参考ください。

 

 

5.利率が高い

転売での利益率は大体30%~15%。

アフィリエイトは非常に利益率が高く、ビジネス向きなのですが、サイトが上位に表示されるまでに約半年~1年かかります。
上位表示する事ができれば商品は売れるのですが、売れるかどうかわからないサイトを作るために、半年以上はさすがに待てません…。

上位表示するまでの日数と作業量を平均すると、必ずしもアフィリエイトは利益率が高いと言い切れないのです。

パチンコは一日稼働して良い台を掴んだ場合は、パチプロでも日給30000円~20000円が相場。

宝くじに関しては、払い戻し率が約40~50%なので、プラスになるどころか10000円投資すれば4000円~5000円しか戻って来ない計算…。

 

その点ブックメーカーは高利益率を誇るため、投資として成り立ちます。

私が運営しているゴールデンコンパスというコミュニティーでは、毎月100点%以上の利率をたたき出す人も結構います。

私に関してはブックメーカーを始めてすぐに3万円を120万円にする事に成功しています。
※当然、理論的なベットありきです。

 

証拠はコチラ

 

 

6.期待値を積むだけなのでセンスの必要なし

ブックメーカーは、ライティングスキルや、ブームを当てる先見の明などは必要ありません。

ブックメーカーで稼ぐには、スタッツとオッズを見て期待値の高い試合に淡々とベットし続けるのみ。

期待値については、次回の記事で説明しますね。

 必要なものは論理的な思考のみ

期待値の高い試合にベットし続けるには、論理的な思考を持つだけでOK。

論理的な思考というと難しく感じるかもしれませんが、いたってシンプルに身につけることができます。

ただ単に考え方を変えるだけで良いのですから。

 

とはいえ、ブックメーカーに対して真剣に取り組んでいるにもかかわらずなかなか結果が出ない人もいます。
そんな時は以下の記事を参考にしてみてください。

あなたがブックメーカーで勝てない理由がわかるはずです。

 

7.必ず勝てる手法がある事

ブックメーカーで勝つことにおいて一番大切なことは、「論理的な思考から導き出した必ず勝てる試合に、必ず勝てる手法」でベットする事だけです。

0からブックメーカーで勝てる手法を編み出すために試行錯誤していたら、手法を編み出す前に資金が尽きてしまうか、負けが込んでメンタルがやられてしまうことでしょう。

では、必ず勝てる試合を導き出し、必ず勝てる手法を覚えるにはどうしたらよいのか。

一番手っ取り早い方法は、ブックメーカーを始める段階から、勝っている人に習うことです。

 

 注意

もちろんネット上で「私はブックメーカーで勝っています。」とだけ言っている人は信用しない方が良いでしょう。

ブックメーカーで勝っている実績を証拠として残している人のみ信用してください

 

ちなみに、私は今年2019年の3月から6月の3ヶ月間弱で、ブックメーカーだけで38,667ユーロ、日本円にして460万円あまりを稼ぐことができています(1ユーロ120円で計算)。

利益額はこのように実績を証拠として残すことができます。

これも本当にブックメーカーで勝っているからこそできるんです。

 

私が運営しているゴールデンコンパスというブックメーカーのコミュニティーは在籍人数300人。

ゴールデンコンパスでは、勝つための手法だけではなく、期待値の計算や、勝つための論理的な思考を教えていますよ。
また、ラインでは無料で優良コンテンツを配信しています。

 

↓記事が役に立ったらブックメーカーブログランキングのクリックをお願いします↓

おすすめの記事