グラブルブックメーカー談合事件とは?古戦場で何があった?

ブックメーカーと検索すると、その次にグラブルと出てきますが、いったいこれな何のことを指しているのでしょうか?

この記事ではブックメーカーで起きた実際の事件【グラブルブックメーカー談合事件】について解説していきます。

ブックメーカーは政治スポーツだけではなくゲームにも及んでいる

ブックメーカーのベットの対象は、スポーツの印象が強いと思いますが、eスポーツや政治、経済など身近なものに対しても広がっています。

例えば、アメリカの大統領選挙やイギリスのEU離脱などニュースとして取り上げられていることもベットの対象になっています。

そんな、ブックメーカーですが、今やゲームの中にも取り入れられ身近な存在になっています。

グランブルファンタジーというスマートフォンアプリでは、ブックメーカーを使いゲーム内で使える通貨をベットできるようにしていました。しかし、そこで思わぬ事件が起きてしまいました。

グランブルファンタジーで起こった「グラブルブックメーカー談合事件」です

グラブルブックメーカー談合事件とは?

グラブルブックメーカー談合事件とは、人気スマートフォンアプリ「グランブルーファンタジー」を対象にブックメーカーで起きた事件。

この事件が起きた時には、ゲーム上で騎空団同士が争う「決戦!星の古戦場」というイベントが開催されていました。

 

グランブルーファンタジーのブックメーカーでは、この騎士団をN・W・E・Sの4つの場所に分け、どの場所が1番貢献度を獲得したかを当てるゲームを行っていました。

その日の貢献度によって応じてオッズは変わり、プレイヤーは1位のチームを予想します。予想が当たったプレイヤーは、ゲーム内で使える「宝晶石」を獲得できるというものでした。

しかし、ゲーム2日目に事件は起きました。SNS上で、131万個の宝晶石を手に入れたプレイヤーがいると噂が広まったのです。

それだけでなく、中国のグランブルーファンタジープレイヤーを含む複数の騎空団が談合して宝晶石を荒稼ぎしたという噂もあり、プレイヤーに波紋が広がりました。

 

なぜ、宝晶石を荒稼ぎの噂が広まった?

では、なぜこのような噂が広まったのでしょうか。

それは、1人のプレイヤーがツイッター上で、中国人が談合していると指摘したことから始まりました。

ツイートによれば、中国人のグランブルーファンタジープレイヤーがみんなで協力して順位を操作し大量の宝晶石を獲得しようとほのめかしているものでした。

また、時間も17時と結果が出る前にされたものだったので信憑性が高まったのです。

 

最終的な結果は予想通りだった

2日目の結果は、中国人の方がツイートしていた結果になりました。また、nweの順に順位も変動していたため、SNSで一気に話題となり広がっていきました。

この時の状況をツイートしている方がいましたので、そちらをお借りしながら、時系列をみていきたいと思います。

 

131万個の宝晶石をゲットした人も現れた

さらに、131万の宝晶石を獲得したという画像までも出回りました。

ポイント

・談合をほのめかすツイート
・131万個の宝晶石の画像

この2点が事件の信憑性を高め、「グラブルブックメーカー談合事件」となったのです。

その後、日本のグラブルプレイヤーから不満が続出し、運営側が調査に乗り出すことになりました。

 

結果グラブルブックメーカー談合事件はどうなったのか?

この噂を受けて、運営が調査に乗り出したところ、グラブルブックメーカー談合は行われておらず、131万個の宝晶石を獲得する人もいなかったことがわかりました。

以下、運営の調査を記したツイートとなります。


以上の結果から、談合は実際に行われていなかったことが証明されました。

古戦場は、数十万のプレイヤーが参加していたので、その結果を操作するのは難しいところがあったと思います。

ただ、実際のツイートの内容が当たっていたこともあり、プレイヤーにとっては不信感が残りました。その結果、事件後、ブックメーカーは廃止されました。

実際のブックメーカーでもこのような談合は難しいです。
世界中から多くの人が参加しているの加え、運営側もズルがないかを徹底的にチェックしております。

ただ、このような方法を使わなくてもブックメーカーで勝てる方法があります。

私が運営しているゴールデンコンパスではそれを教えています。

ブックメーカーの初歩的な賭け方など全てのノウハウをメンバーで共有していますので、興味がある方は下のボタンからご登録をお願いします。

 




おすすめの記事