ブックメーカーからeスポーツへの賭け方!賭けられる大会や競技などを解説

ブックメーカーでも定番となりつつある、eスポーツ。ビデオゲームではありますが、その人気は世界中に広がっており熱狂的ファンも多くいます。

今や多くのブックメーカーがeスポーツを扱うようになってきたため、目にする人も多くなっているでしょう。

今回は、eスポーツとはどのようなスポーツなのか、賭けられるゲームやジャンルなどを紹介します。

また、賭け方も詳しく紹介していくので、気になった方は是非最後まで読んでください。

 ブックメーカーとは?ブックメーカー初心者の方は「ブックメーカーとは?」の記事からご参照ください。

eスポーツどのようなスポーツ?

eスポーツは、世界中で人気になっているビデオゲームを使った競技です。正式名称は、「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)で通称eスポーツと呼ばれています。

たかがゲームとお思いの方も多いと思いますが、eスポーツの市場は急激に伸びております。

Newzoo(オランダの調査会社)の調査によると、2018年に世界全体で約1000億円にあった市場規模が2021年には1800億円を越すと予想しています。

また、企業とスポンサー契約を結び、報奨をもらいながら活動するプロプレイヤーも多く存在するようになるなど、eスポーツの市場は広がっています。

eスポーツが人気の理由

今やeスポーツの競技人口は約1億3,000万人以上と言われています。日本ではまだ競技人口は少ないですが、今後も増え続けていくこと間違いありません。

そんなeスポーツですが、なぜこのような爆発人気となったのでしょうか。

 

理由としては、実際のスポーツとは違い室内でゲームをするので、老若男女誰でもプレイすることが挙げられます。

性別、体格、年齢など関係なく、ゲームのスキルがあればだれでも勝てるチャンスがあるのです。

また、ゲームがあればどこでも手軽に行えるので、場所や時間を問わずに練習することができます。

 

eスポーツがオリンピックに採用?

人気が広がっているeスポーツですが、2024年に行われるパリオリンピックの新種目として採用される可能性が高まっています。

オリンピックに採用されれば、さらに人気が広がるきっかけとなりそうですが、ゲームの採用方法や利権問題などクリアしなければいけない問題もいくつかあります。

ただ、2018年のアジア競技で採用されたり、2022年に杭州で行われる大会では、メダル種目としてeスポーツが採用されることが決まっている。

今後、eスポーツがオリンピックに採用されるかも注目です。

どのようなゲームのジャンルに賭けられるのか?

eスポーツとひとくくりにされていますが、様々なジャンルのゲームが存在します。では、どのようなジャンルが存在するのか、説明していきます。

FPS(ファーストパーソンシューティング)&TPS(サードパーソンシューティング)

この2つは、武器などを使いながら、相手を倒していくシューティングです。

FPSとTRSの違いは、プレイヤーの視点にあります。

FRS プレイヤーの目線でプレイ。自分で思い通りに動かせるので、リアルに感じることができる。
TRS プレイヤーを第三者目線で見ながらプレイ。ゲーム全体を見渡せるので、プレイしやすい。

両者の違いは、基本的にプレイヤーを見る視点だけでゲーム内容は一緒です。

FRSのゲーム

・ペインキラー
・カウンターストライク
・コールオブデューティー

TPSのゲーム

・荒野行動
・Fortnite
・World of Tanks

RTS(リアルタイムストラテジー)

RTSは、現実で進んでいる時間に対応しながら、キャラクターに指示(操りながら)進めるゲームです。

リアルタイムストラテジーという、名前の通り「リアルな時間を戦略的に進めていくゲーム」です。

自分自身で技や武器を使い相手を倒すゲームとは異なり、キャラクターに指示を与え戦略的に相手を倒していきます。

RTSのゲーム

・Starcraft II
・Age of Empires

MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)

MOBAは、RTSの中の1つのジャンルでお互いの拠点を占領、破壊することを目的としてたゲームです。

5vs5などのチーム対抗戦の中の1人としてプレイします。

個人だけのプレイではないので、チーム内での戦略や連携が重要となります。

MOBAのゲーム

・Dota
・Vainglory
・League of Legends

格闘ゲーム

ゲームと言ったら、誰もが思い浮かべる格闘ゲームも当然eスポーツにあります。

1対1で操作するキャラクターを使い、相手を倒したら勝ちとなります。

テレビゲームで有名なストリートファイターは、世界的にも有名なゲームで世界大会も開かれています。

格闘ゲーム

・ストリートファイター
・鉄拳
・大乱闘スマッシュブラザーズ

スポーツゲーム

サッカーや野球、バスケなどのゲームとなります。

ゲームの動きがなめらかで、映像もきれいなので本当のスポーツをしているかのように、楽しめます。スポーツゲームのルールは、実際のスポーツのルールと一緒です。

スポーツゲーム

・ウイニングイレブン
・NBA
・FIFA

レーシングゲーム

レーシングゲームは車やバイク、飛行機を操縦しタイムを競うゲームです。

マリオカートもレーシングゲームの1つなので、1度はプレイしたことある人も多いでしょう。

レーシングゲーム

・Project Gotham Racing
・Formula One
・PROJECT CARS

賭けられるゲーム

eスポーツもスポーツベットのように、毎日、毎時間ベットできます。先程あげたジャンルのゲームが存在しますが、その中でも人気のゲームを紹介します。

大きな大会も行われているので、覚えておいて損はないです。

League of Legends(リーグオブレジェンド)

League of Legendsは、プレイヤーの数が世界一と言われており約一億人がプレイをしています。

また、同時にプレイした人が800万人以上のときもあったほど人気です。

ゲームのジャンルとしては、MOVAになります。

5vs5で分かれ先に相手の拠点を破壊したほうが勝ちとなります。選べるキャラクターはそれぞれ、特殊スキルを持っており、それを使いながら最短で相手の拠点を破壊するかの作戦が重要となります。

リーグ・オブ・レジェンド ワールドチャンピオンシップと呼ばれる世界一のチームを決めるイベントがあるなど、世界中で広がりをみせています。

STARCRAFT 2(スタークラフト)

スタークラフト2は、1998年に作られたスタークラフトの続編となります。そのため、若い人のみならずその世代の人からも人気のゲームです。

ゲームのジャンルは、RTS(リアルタイムストラテジー)で宇宙空間の中で戦略を立てながら、相手と対戦します。

試合の様子はリアルタイムで分かるため、ゲームをやったことがない人でも結果がわかりやすいです。

CS:GO(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)

CS:GOは、TR(テロリスト)とCR(カウンターテロリスト)に分かれて競うFRSのゲームです。世界中で人気があり、FRSの中ではもっとも有名なゲームです。

TRはCRを全員倒すか、指定の場所に爆弾を設置すれば勝ちとなります。CRはTRを全員倒すか、爆弾を設置させなければ勝ちとなります。

両方の攻防戦がスリルがあり、見ている側も楽しむことができます。国際大会も多く開かれており、多くのブックメーカーでも採用されています。

eスポーツの賭け方

eスポーツでの賭け方は、サイトによって多少異なりますが基本的には一緒です。

まずは、サイト内のeスポーツのベット一覧に進みます。

クリックをすると、ベットできるeスポーツが出てくるので賭けたいゲーム、試合をクリックします。

今回は、CS:GOを選んでみます。

クリックをすると、賭けられる対象が表示されます。

基本的な賭け方は、どちらが勝つか勝敗を予想します。

表示されている数字がオッズとなるので、それを見てどちらにするか選んでください。

ゲームは何回戦か行われ勝ちが多かったほうが勝利となります。その勝敗の数を予想して賭けるハンディキャップもあります。

ハンディキャップは、試合結果に記載されている数字を計算して勝敗を決ます。

 例えば、Natus+1.5に賭けており、2対3で試合終了。ただ、+1.5に賭けていたので、2+1.5=3.5で賭けに当たったことになります。

そのほかにも、第1マップ(第1試合)の勝敗で賭ける方法もあります。

eスポーツがあるブックメーカー

eスポーツを採用しているブックメーカーは増えてきていますが、その中でもおすすめのブックメーカーを紹介します。

ブックメーカーによって、賭けることができるeスポーツも異なりますので、自分が賭けたいゲームがある場合は、注意してください。

bet365

bet365は、世界に500万人以上の顧客をもっている大手ブックメーカーです。日本ではあまり馴染みがないですが、海外ではスポーツのスポンサー活動を積極的に行っています。

eスポーツにも力をいれており、先程紹介したLeague of LegendsやCS:GOなど様々なゲームに賭けることができます。

また、CS:GOについての大会は幅広く取り扱っているためCS:GOに賭けたい方は、おすすめのブックメーカーです。

Pinnacle

業界内でもオッズが高く、アビトラージできることで知られているPinnacle。eスポーツについては、いち早くから取り入れていたブックメーカーです。

Pinnacleでは、League of Legends、CS:GO、Dota2などに加えサッカーゲームのFIFAにも賭けることができます。

先程も書いたように、オッズが高いのでなるべく高いオッズで勝ちたい方にはおすすめです。

eスポーツのまとめ

オリンピック競技にもなると噂されているeスポーツは今熱い種目の1つです。

eスポーツの大会には、日本人も多く参加しているので、是非チャックしてみてください。また、eスポーツがブックメーカーに採用されることも増えてきました。

現在(2020年8月)は新型コロナの影響でスポーツの大会やイベントが相次いでいます。しかし、eスポーツはコロナの影響はなく開催されているため、eスポーツへ賭ける方が増えています。

このタイミングでeスポーツに挑戦してみては、いかがでしょうか。

 




おすすめの記事