ラドブロークス(Ladbrokes)の登録方法と賭け方、入金出金の方法を解説

近年では日本でも注目を集めているブックメーカーですが、いざ始めようにもどのブックメーカーに登録すればいいか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか?

今回はヨーロッパでも人気のあるラドブロークス(Ladbrokes)というブックメーカーを紹介し、登録方法や入出金についても解説します!

ラドブロークス(Ladbrokes)とは?

ラドブロークス(Ladbrokes)は、1886年にイギリスで創業された130年以上の歴史を誇る大手ブックメーカーです。

ウィリアムヒル、コーラルユーロベットと共に世界三大ブックメーカーの1つに数えられます。

歴史も古く、業界大手であるため、ラドブロークスのブックメーカーとしての信頼性は抜群ですね!

 

ラドブロークス(Ladbrokes)の登録方法

2020年8月現在、ラドブロークス(Ladbrokes)は日本でのサービスを実施しておらず、日本からは会員登録や利用ができません!

いきなり悲しいお知らせですが、ラドブロークスは2014年末をもって日本からのサービスを撤退しております。

しかし、今後に日本からのサービスが再開する可能性もありますので、サービスが使える国と共にラドブロークスの登録方法をみていきましょう!

ラドブロークス(Ladbrokes)のサービスが使える国

ラドブロークス が使える国

現在、ラドブロークスが使える国は21の国と地域です。

アルゼンチン、バルバドス、ベラルーシ、クロアチア、ガーナ、ジブラルタル、アイルランド、マン島、ジャージー、レバノン、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マルタ、モーリシャス、オランダ、オランダ領アンティル、ニュージーランド、ナイジェリア、セーシェル、タンザニア、イギリス

これらの国にお住まいでしたら、ラドブロークスをご利用できます。

登録方法

では、ここからはラドブロークスのアカウント登録方法を解説します。

日本語サービスはなく英語での登録となります。

1. ラドブロークス (Ladbrokes)のサイトへ

まずは、ラドブロークスのサイトにアクセスしましょう。

ラドブロークス のトップページ

2. JOINをクリック

ラドブロークスのトップページ右上にある「JOIN」をクリックします。

3. 必要事項の入力

必要事項を半角英数字で入力していきます。3ページに分かれており、1ページ目で居住国などを選択します。

ラドブロークスの登録ページ

  • Country of residence・・・居住国の選択(日本は選択できません)
  • Currency・・・通貨の選択(豪ドル、スイスフラン、ユーロ、ポンド、ノルウェークローネ、NZドル、米ドルから選択)
  • Email・・・メールアドレスの入力
  • Username・・・名前(ユーザー名)を入力
  • Create password・・・パスワードを作成

ここで、日本が選択できないため日本在住者は次に進めません。

以前に日本で利用可能だった時は、2ページ目以降で

  • 住所入力
  • 電話番号入力
  • 秘密の質問と答え
  • 入金制限

などの入力が必要でした。

最後に規約の同意にチェックを入れ、Complete Registrationをクリックすると登録完了となります。

ラドブロークス(Ladbrokes)の使い方や賭け方

登録完了したら、早速ラドブロークスを使ってみましょう。

ベッティングできるスポーツの種類

ラドブロークスでベッティングできるスポーツはサッカーやテニス、野球、バスケットボールなどの人気スポーツをはじめ約30種以上です。

ベットできる競技

サッカー、テニス、野球、バスケットボール、アメリカンフットボール、陸上競技、バドミントン、バレーボール、ビーチバレー、卓球、ハンドボール、クリケット、ゴルフ、F1、ホッケー、アイスホッケー、ダーツ、Eスポーツ、ラグビー、ビリヤード、ボクシング、サイクリング、グレイハウンド、競馬、総合格闘技、モーターバイク、モータースポーツ、ウインタースポーツ、その他

また、スポーツ以外にもオンラインカジノにも対応しており、スポーツ以外でのベッティングも楽しめます。

ラドブロークス(Ladbrokes)の賭け方

ベット方法は、ベットしたい試合をクリックすることで、その試合の勝敗など賭け方とオッズが表示されます。

ベットの種類もかなり豊富です!

ベット対象を選択すると、右側にベット用のタブが出てきますので、金額を入力して、緑色のボタンを押すだけでベット完了となります。

ラドブロークスのベット方法

英語がわからなくても、問題なくベットできます!

もちろん、試合中にベットするLIVEベットも対応していますよ。

ラドブロークス(Ladbrokes)はLIVEストリーミングができる

ラドブロークスでは、一部の試合でLIVEストリーミングにも対応しており、試合映像と共にベッティングを楽しめます。

ラドブロークスのLIVEストリーミングについて

LIVEストリーミングを利用するにはログインが必要にはなりますが、試合映像を確認しながらベットできるのはユーザーにはありがたいです。

ラドブロークス(Ladbrokes)の入金方法と出金方法

ラドブロークスの入金方法と出金方法について解説します。

入金手段

まず入金手段を紹介します。

ラドブロークスの入金手段

入金手段

  • デビットカード(VISA,  MASTER)
  • PayPal(ペイパル)
  • Apple Pay(アップルペイ)
  • ecoPayz(エコペイズ)
  • Trustly(日本での取り扱いなし)
  • Paysafe(日本での取り扱いなし)
  • INSTANT BANKING BY CITADEL(インスタントバンキング バイシタデル)
  • The Grid

日本でも馴染みのあるPayPalやApple Payなどでも入金可能です。

最低入金額も5ポンド(PayPalのみ10ポンド)と敷居が低いですね。

入金方法

次に入金方法を説明します。

1. ログイン後、My Accountをクリック

ログイン後、トップページ右上の「My Account」をクリックします。

2. Depositを選択

Depositをクリックします。

3. 必要事項と入金額を入力

選んだ入金手段の必要事項(アカウント番号など)を入力後に、入金額を入力し、「DEPOSIT」をクリックし入金完了!

出金手段

続いては出金手段の紹介です。スポーツベッティングで利益を上げたら出金しなくてはいけませんね。

ラドブロークスの出金手段

入金手段に加え、銀行送金やNETELLER(ネッテラー、日本でのサービス終了済み)も選択可能です。

Apple Payに関しては入金のみで出金には利用できませんのでご注意ください。

出金方法

最後に出金方法です。

1. ログイン後、My Accountをクリック

ログイン後、トップページ右上の「My Account」をクリックします。

2. WITHDRAWALを選択

WITHDRAWALをクリックします。

3. 出金手段の選択と出金額を入力

出金手段を選択し、出金額を入力して「WITHDRAW」をクリックすると出金完了です!

実際に資金が移動するのは数時間〜数日の時間を要します。

ラドブロークス(Ladbrokes)よりもBET365がおすすめ

今回は、三大ブックメーカーの1つであるラドブロークス(Ladbrokes)について紹介してきましたが、日本でのサービスがないということが残念ですね。

その点、BET365は日本での取り扱いもあり、ベットの種類も豊富でおすすめです!

BET365もラドブロークスと同じく、多くの試合でLIVEストリーミングの配信を行っています。

bet365では初回入金ボーナスも用意されているので、この機会に登録してみてはいかがですか?

また、私が運営しているゴールデンコンパスならピナクルスポーツよりも扱いやすくて勝ちやすいbet365を専門にノウハウを教えています。




おすすめの記事