こんにちは、ヨモギウスです。

今日から小出しでブックメーカーにおけるテクニカル(資金・メンタル・手法)に関して各テーマごとに解説していきます。

また記事の最後に重要な告知がありますので『無料で有益な情報』を得たい人は是非最後まで読んでくださいね(^^)

1ドルBetの無意味さを知る

今日のテーマは当ブログでも散々言及している1ドルBetには意味がないということについて、満を持して記事にしていきたいと思います。

youtubeやブックメーカー関連の書籍(数冊しかありませんが)を見ると『1ドルBetで感覚を掴もう』という切り口で語られているものが散見されます。

前述のように当ブログでは一貫してその行動の無意味さを発信しているわけですが、その本質かつ究極たる理由として1ドルBetは【メンタルと資金管理】という投資における二大要素を完全に無視しているということが挙げられます。

これはFXや株でも同じですがデモと本番ではマネープレッシャー、トレードでの緊張感、資金管理、すべてにおいて全く異なります。

 

 ポイント

いわば、傭兵がシューティングゲームで訓練して戦争に行くようなものです。

 

所詮、練習は練習でしかなく、1ドルBetでは1ドルBetしか上手くなりません。

 

ゴールデンコンパスやセミナーでは常々言っていますが,

『1ドルBetをしている時間があったら少なくとも1万円から運用を開始してプレッシャーを体感したほうがいいです。利益を早く出したいのであればすぐに失敗してください。』

これができる人の中には実例として入塾一か月以内に30万円稼ぐ人もいらっしゃいます。

逆に一万円すら用意できないような人は投資なんてやめたほうがいいです。

小額からコツコツ増やすという意味でも1万円以下は論外。

お金がないのであればまずは投資に回せるお金を作ることから始めなくてはなりません。(この件に関しては別途記事にしたいと思います)

1ドルBetと本格運用の違い

1ドルBetと本格運用で異なる点として、まず負けたとしても心が痛みません。

そして100試合テストをするという風潮もありますが、100試合や1000試合程度のデータでは永久的に勝っていけるレベルのデータを集めることは不可能です。

以下に主な違いをまとめました。

1ドルBet 本格運用
資金管理 いらない 必要不可欠
データ  確率収束するほどの
データにはならない
運用記録と共に実践的な
データが積みあがる
 経験  勝っても負けても
記憶に残らない
勝敗から身をもって経験を
培うことができる

このような様々な条件が異なるなかでは、本格運用のための1ドルBetがただの練習にしかならず、所詮1ドルBetのための1ドルBetになってしまうことをご理解いただけるかと思います。

まさに手段の目的化ですね。

手段が目的になってしまい、本当に必要な要素を習得することが出来ません。

特に経験の面ではかなり致命的な欠陥が生じます。

テクニカルよりもメンタルや資金管理が重要視される投資の世界で、この二つの要素を排除した1ドルBetという行動に何の価値があるのでしょうか?

運用のスキルは運用でしか手に入らない
失敗から学ぶことでしかスキルは磨けない

このような理由から早く利益を出したいのであれば尚更早く本格運用するほうがいいです。

この本質を理解できない人にはブックメーカー、しいては投資の世界で勝つことは不可能といえるでしょう。

重要なお知らせ

ここからが本題(?)です。笑

いまライン@登録者の方限定で100万円達成記念講義を配信しているのですが、こちらを完全にリニューアルして超豪華特典を実装しようと考えております。現在作成中ですのであと数日お待ちください。

既存の登録者の方にも新規配信いたしますのでぜひ楽しみにしておいてくださいね。

もしまだ100万円達成記念講義を聴いていない方は以下から友達登録→入手しておいてください!(^^)!

それでは今日はこの辺で。 ↓100万円達成記念講義はコチラから(無料)↓

↓記事が役に立ったらブックメーカーブログランキングのクリックをお願いします↓

おすすめの記事