ブックメーカーは日本で禁止!? 弁護士の見解から博打罪の秘密に迫る!!

最近寄せられる質問の中に『ブックメーカーは日本の法律で違法なのではないか』という内容が非常に多いので、今回はそれについての概要と解説をできる限り詳細に記事にしていきます。ブックメーカーをこれから始めるという人も、既に利益を出していてこれから出金を考えている人にとっても日本の法律におけるブックメーカーの違法性に関しては重要なテーマになってくると思いますので是非読み進めていってくださいね。

ブックメーカーは違法か!? 弁護士の見解の見解を聞いてみた!!

何度も当ブログで言及していますがブックメーカーは金融商品ではなくポーカーやカジノと同じように博打(ギャンブル)のカテゴリーに属するので日本では博打罪の刑法が適応される可能性があります。

日本から、インターネットで賭けることは、日本で賭博行為の実行行為をすることですので、その行為自体が賭博罪(刑法185条)ないし常習賭博罪(刑法186条1項)に当る可能性が高いと思います。

ですが、胴元であるブックメーカーは、海外で合法な行為をしているだけだとすると、ブックメーカーには日本の捜査権が及ばず、実際にどのように運営されている賭博なのかを解明・特定することが難しいため、日本からインターネットを通じて参加する行為を賭博罪として摘発することも難しい。

出典:弁護士ドットコム ネット上の博打であるブックメーカーの違法性について

以上のことから要約すると、胴元であるブックメーカー会社がイギリスでは完全な合法なため処罰できず、イギリス政府から認可を受け『合法』に運営されているブックメーカーという賭博(ギャンブル)に日本の司法が介入することは困難であるというのが弁護士の見解です。

結論!ブックメーカーで捕まるのか? 博打罪について

博打罪とは博打を主宰する側、そして博打をやる側(プレイヤー)の両方が違法でなければ博打罪を適応することができません。前述のとおりイギリス国内でブックメーカー自体が合法である以上、日本で賭博が禁止されている(プレイヤー側)のは事実ですが、取り締まることができないというのが現状の結論になります。
また、弁護士でありながらプロの雀士でもある津田岳宏氏によると・・・

賭博罪は、犯罪の性質上、必ず複数の人間が関わる『必要的共犯』とされ、胴元と参加者という向かいあう関係の者たちが共犯となることから『対向犯』と呼ばれています。しかし、胴元であるブックメーカーは合法なので処罰できません。対向犯の一方である胴元を処罰できないのに、もう一方である参加者のみを処罰できるのか、という問題があるのです。

出典:弁護士ドットコムNEWS 海外ブックメーカーに日本から参加できる?
つまり違法・合法以前の問題として取り締まる法律そのものが存在しないというのが弁護士の結論です。

とはいえ、現実問題、自宅のパソコンからこっそり海外のブックメーカーを利用しても、逮捕される可能性は限りなくゼロに近いでしょう

出典:弁護士ドットコムNEWS 海外ブックメーカーに日本から参加できる?


賭博罪や景品表示法に詳しい京都グリーン法律事務所の津田弁護士

つまり、今までブックメーカーを利用したことで逮捕された前例がないことからも、今後も新しく法律が整備されない限りは個人で投資していく分に問題はないということになります。

ブックメーカー自体は無問題!!だけどこれをやったら絶対ダメ!!

しかしブックメーカーを主宰する側の立場に個人でなることは絶対に禁止です。つまり一個人が参加者それぞれからお金を募り、賭けを主宰する行為は法律で禁止されています。直近だと野球賭博を摘発され逮捕者を出した事例があります。
野球賭博とはプロ野球選手自身が胴元となり集金を行い、他の選手たちに勝敗を賭けさせていたという実際にあった事件です。

事件の内容を表した図【出典:ネット民によるプロ野球の野球賭博

「国内から海外のブックメーカーを利用する場合でも、たとえば、日本国内にいる人が取りまとめて、場代を取ったり、勝ち分を現金で渡すなど、事実上胴元の役割を果たしているようなケースなら、その『胴元役』は賭博開張図利罪で処罰され、参加した『客』も逮捕・処罰されます」

出典:弁護士ドットコムNEWS 海外ブックメーカーに日本から参加できる?

このように個人が胴元になり、参加者を募り集金を行い賭博を取り行う行為は日本国内の法律で禁止されているので絶対にダメということです。
とはいえ上記で何度も解説している通り個人で合法のブックメーカーに参加する分には問題ありません。また、ブックメーカー会社はそれぞれ様々なスポーツチームや大会のスポンサーになっている事でも知られており、日本以外の国、特に欧州諸国ではより身近なものとして親しまれています。


英プレミアリーグ所属ストークFCのスポンサーを務めるBet365

プロテニス4大大会である全豪OPのスポンサーを務めるWilliamHill

まとめ:ブックメーカーをやることは問題無し!!投資としてガンガン儲けよう

実はここ一年くらいですがJRAの公式サイトから海外競馬を買えるようになりました。


これがどういうことかというと、日本でも競馬限定ではありながらブックメーカーを双方合法として出来るということです!
勿論本家ブックメーカーとはオッズ差があるとはいえ、今までは賭けることができなかった海外競馬に公営ギャンブル市場から直接買うことができる・・・ これは日本でもブックメーカーそのものの合法化に動いているという見方もできますね。

ブックメーカーは金融商品ではないためポーカーやカジノと同じようにギャンブルという位置づけではありますが、スポーツに詳しい場合、金融商品では遥かに考えられない利回りで投資として資金を運用していくこともできます!!勿論海外ではブックメーカーを専業として稼ぐプロも多く存在し、ただのギャンブルでは収まりきらないコンテンツになっています。(日本にも競馬や競艇で稼いでいる人もいますが・・・)
YouTubeなどでもプロブックメーカープレーヤー達のインタビューなどを見ることができ、彼らの運用手法や考え方を学ぶことができます。

$10K TO $1,000,000. EPISODE 1 | Jonas Gjelstad – Professional Sports Bettor

今回は法律的に日本でブックメーカーをやることは合法なのかというテーマについて記事にしました。現状の法律では取り締まることができないためブックメーカーをやること自体は問題ない、しかし個人が胴元となり参加者を募った場合は博打罪が適応されるというのが今回のテーマにおける結論になります!!

今後もブックメーカーについて皆さんがわからないこと、疑問に思っていることをどんどん記事にしていきますのでよろしくお願いします。

ブックメーカーを投資として考えるために・・・

今回はブックメーカーを日本の法律から見たときに合法なのかどうかについて解説してきました。この記事を読んだ皆さんもブックメーカーを実際にやってお金を稼いでみたくなったのはではないでしょうか?そんな皆さんのためにブックメーカーで実際に稼いでいくための教科書を無料でプレゼントいたします。ブックメーカー投資で1000万円以上を稼いだ人をはじめとする成功事例や、ブックメーカー投資における考え方を詳細に解説したレポートになります。興味がある方はLINE@に登録し、無料でプレゼントを受け取ってください。
また、LINE@ではこの先もお得な情報や無料特典をどんどん配信していきますので今回を期に是非登録しておいてくださいね♪

↓記事が役に立ったらブックメーカーブログランキングのクリックをお願いします↓

関連記事

  1. ブックメーカーの収支公開とコミュニティ紹介

  2. テニス・ワールドツアー開幕!!ブックメーカーの稼ぎ時!

NEW POSTS

  1. ブックメーカー攻略

    待望の本格ブックメーカー電子書籍出版!! 全国出…
  2. ブックメーカー攻略

    ブックメーカー投資 3ヶ月で5万円を100万円へ…
  3. プロモーション

    【超有料級2大特典】LINE@登録で超有料級ブッ…
  4. ブックメーカー攻略

    Youtubeのブックメーカー関連情報が相変わら…

RECOMMEND

ARCHIVES