こんにちは ヨモギウスです。

昨日の記事は読んで頂けたでしょうか?

最強の投資法であるテニスベッティングの生みの親・・・

伝道師、トミーさんを紹介しました。

今日はこの神の投資法であるテニスベッティングとヨモギウスが開発・実践しているOverGoalメソッドを照らし合わせながらどのような互換性があるのか論理的に説明していきたいと思います。

---OverGoalメソッド実績---
・35試合分のベットデータ
・50試合分のベットデータ
・OverGoalメソッド10連勝

主たるイメージはコレです。↓

 

サッカー手法は以前から言っている通り低資金からでも始められます。

およそ100$あればノーリスクで増やしていける手法になるでしょう。

高オッズ(odds1.5~)に対して低資金を刺していくスタイルです。

逆にテニスは初期からある程度の資金を用します。

低オッズにかけていくため一回で出る利益が少ないからです。

その代わり、勝率はほぼ100%を誇り、複利でガンガン回していけるという特徴も持っています。

「ローリスク・ローリターン・高回転」これがテニス手法の魅力です。

※参照→単利と複利の使い分け方

またテニスの試合は平日に多く、サッカーの試合は土日に多いです。

テニスのオフシーズンは12月、サッカーは欧州に限り6~7月です。

すなわち、この二手法を組み合わせることによって24時間365日、ブックメーカー投資を行うことができます。

 

以上で解説を終わります。

完璧な二手法を持ちながら、それを実践し利益を出している人はそこまで多くありません。

極めて深いロジックに基づき、安心して資金を増やしていける方法をこれからも提案していきますのでよろしくお願いします<(_ _)>

次回は確実に稼いでいくための投資ステップについてお話しします。

それでは今日はこの辺で。

↓記事が役に立ったらブックメーカーブログランキングのクリックをお願いします↓

おすすめの記事